コラム

砂利を駐車場に敷くなら砕石がオススメ!コンクリートとの違いも解説

砂利を駐車場に敷くなら砕石がオススメ!コンクリートとの違いも解説

駐車場は、砂利やコンクリートを敷くことで、見栄えをよくすることができます。どちらもメリット・デメリットがありますが、もし砂利を駐車場に敷くことになったら、砕石を選ぶようにしましょう。

砕石は通常の砂利とは異なり、踏み固めることができるため、駐車場に向いているといわれています。

このコラムでは、砂利とコンクリートの違いや、砕石の特徴についてご紹介しますので、駐車場に何を敷いたらよいのか分からない方はぜひ参考にしてみてください。

駐車場は「砂利」と「コンクリート」どちらがよい?

駐車場に砂利やコンクリートを敷くことで、見栄えをよくすることができます。砂利やコンクリートのどちらを敷いたらよいか迷われる方は、これからご紹介する、それぞれのメリット・デメリットを参考に、選んでみてください。

「砂利」のメリット・デメリット

〇砂利のメリット
砂利は、コンクリートに比べて費用を安く抑えることができます。また、砂利は撤去もしやすいため、一度敷いた後に「やっぱりコンクリートにしたい」「一部をお庭にしたい」などの要望があった場合も、スムーズにおこなうことができます。

〇砂利のデメリット
砂利は、同じところに負荷がかかることで、砂利が動いてしまいます。その部分の砂利が薄くなってしまうと、土が露出してしまったり、雑草が生えてしまったりすることがありますので、定期的に砂利をならさなければいけません。

「コンクリート」のメリット・デメリット

〇コンクリートのメリット
コンクリートは耐久性が高いため、長く使用し続けることができます。また、砂ぼこりが立ちにくいため、雨の日でも車や靴が汚れることはありません。

コンクリート自体、衝撃に強い特徴もありますので、長く使い続けたい場合は維持費を抑えることができるでしょう。

〇コンクリートのデメリット
コンクリートのデメリットは、砂利に比べて大幅に費用が高くなるところです。また、施工期間が長いため、完成までに時間がかかります。

コンクリートの表面はつるつるしている特徴があるので、雨が降った日に滑ってしまうこともあります。心配な方は、表面に筋をいれることで対策をすることのできますので、相談してみましょう。

砂利を駐車場に敷くなら「砕石」がオススメ!

砂利を駐車場に敷くなら「砕石」がオススメ!

砂利を駐車場に敷くことになったら、「砕石」を選びましょう。砕石とは、砂利のように自然のものを採取してきたものではなく、大きな岩を人工的に砕いて作られる石材のことをいいます。

なぜ砕石が駐車場に向いているかというと、砕石は大きな粒や小さな粒などの不揃いな粒が集まっていることによって、踏み固めることができるという特徴があります。

地面を踏み固めることができると、砂利のように動いてしまうことが起きにくくなるので、頻繁に歩いたり車を駐車したりするような場所には最適なのです。

砕石は、通常の砂利と比べて安く手に入れることができますので、費用を抑えたい方にはピッタリの石材といえるでしょう。

ただし、砕石は雨が降ると、砂利に比べて水たまりやぬかるみができやすくなります。見た目にこだわるようでしたら、タイヤの溝に入り込みにくい、粒が20mm以上の砂利を選ぶようにしましょう。

駐車場に砂利を敷く方法は2通り

駐車場に砂利を敷く場合、全面的に敷く方法と、一部をコンクリートにしてその他を砂利にするという方法があります。コンクリートにしたいけれど、費用が高くて迷っているという方は、後者の方法で施工するとよいでしょう。

その場合、砕石よりも色付きの砂利を選ぶと、駐車場の見た目をおしゃれにすることができるのでおすすめです。

砕石敷きを依頼したら費用は約10万円以上

全面の砕石敷きを業者に依頼した場合、砂利自体の費用は、駐車場一台分あたり、約10,000円~13,000円ほどかかります。

また、砂利の費用以外にも、人件費や機材の運送費、重機の費用などが加わります。駐車場の転圧が弱い場合は、タイヤが沈んでしまうことがありますので、地盤の改良が必要になることもあります。

全体的な費用を合わせると、約10万円以上かかるといえるでしょう。詳しい費用は、一度見積りを依頼し、内訳を確認してみてください。

砂利敷きは自分でできそうな気もしますが、使用する砂利の運搬や地盤の調整、転圧などをすべて自分でおこなわなければいけません。手間を考えると、プロに依頼した方がよいでしょう。

駐車場に敷くことができる砂利の種類

駐車場に敷くことができる砂利の種類

駐車場の全面に敷くなら砕石がおすすめですが、一部コンクリートにする場合や、見た目にこだわりたいという方は、他の種類の砂利にしてみるのもおすすめです。

駐車場に敷くことができる砂利の種類をいくつかご紹介しますので、イメージにぴったりな種類を選んでみてください。

種類1.化粧砂利
化粧砂利とは、イギリス産の、平べったい見た目をしている天然石のことをいいます。デコボコが少ないため、タイヤに傷が付きにくい特徴があります。

種類2.白玉砂利
白玉砂利とは、白くて丸みのある見た目をしている砂利のことをいいます。高級感が漂っており、和風・洋風どちらにも合うのが特徴です。

種類3.黒玉砂利
黒玉砂利とは、真っ黒で丸い形をした砂利のことをいいます。上品な艶が特徴的で、費用は高いですが、駐車場に高級感を出すことができます。

種類4.錆砂利
錆砂利とは、見た目は錆色で自然な色合いをしている砂利のことをいい、落ち着いた雰囲気を出すことができます。値段は少し高めですが、コンクリートの隙間に敷くと、おしゃれに見せてくれるため、人気が高いです。

まとめ

駐車場には砂利やコンクリートを敷くことで、見栄えをよくすることができます。どちらも、メリット・デメリットが存在しますので、それぞれの特徴や予算などを考えながら選ぶようにしましょう。

もし、砂利を駐車場に敷くことになったら、「砕石」がオススメです。砕石は、さまざまなサイズの石材により踏み固めることができるため、砂利のように動いてしまうということを防ぐことができます。

駐車場に砂利を敷くときは、全面に敷く方法と、一部コンクリートにして他の部分を砂利にするという方法があります。

全面をコンクリートにしたいけれど、費用が高いと感じる方は、一部砂利にしてみるのもよいでしょう。

「どんな種類の砂利を敷いたらよいか分からない」という方や、「費用がどれくらいかかるのか分からない」という方は、一度プロに相談してみてください。

0800-805-7625

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-832

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-832

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

・利用規約 ・プライバシーポリシー

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます