コラム

防犯砂利のデメリットとメリット!自分で防犯砂利を敷く方法や注意点

防犯砂利のデメリットとメリット!自分で防犯砂利を敷く方法や注意点

お庭の模様替えに砂利が使われることが多かったのですが、最近では防犯砂利が人気です。防犯砂利は、ガラスを加工して作られています。防犯砂利を踏むと大きな音がなるので、防犯対策として最適です。防犯砂利にもさまざまな色があり、従来の砂利と同様に模様替えをすることもできます。防犯と模様替えができる一石二鳥な商品です。しかし、防犯砂利を敷くときに注意することもあります。

この記事では、防犯砂利のメリットやデメリット、敷くときの注意点を紹介していきます。防犯砂利の利用を考えている方は、この記事を一読することで後悔なく、防犯砂利を敷くことができるのではないでしょうか。

防犯砂利のメリット

防犯砂利を敷くことで、さまざまな効果をもたらしてくれます。防犯対策はもちろんですが、お庭の模様替えにも最適なのです。防犯砂利を敷くことで得られるメリットを紹介していきます。

お庭の模様替え

防犯砂利はお庭の模様替えにも最適です。砂利の色でお庭の雰囲気も一気に変わります。最近では、防犯砂利のカラーバリエーションも豊富になっているため、好みの防犯砂利を見つけることができるかもしれません。

防犯対策

防犯砂利は踏むと大きな音がなります。名前の通り、防犯対策として最適な砂利です。音の大きさは、掃除機や騒がしい街頭と同じくらいといわれています。そのため、自宅の人目のつきにくい場所に敷くといいでしょう。音で人の出入りを察知することができます。

雑草の繁殖防止

砂利を敷くことで、雑草の繁殖を防止することができます。しかし、効果を出すためには、防草シートを敷く必要があります。

靴が汚れにくくなる

雨の日などに土の上を歩くと、靴が汚れてしまいます。しかし、防犯砂利を敷くことで、土に接触することなく歩くことができるのです。

防犯砂利のデメリット

防犯砂利のデメリット

 

防犯砂利を敷くと得られるメリットも多いですが、デメリットも出てきてしまいます。メリットとデメリットを比較して、ご家庭に防犯砂利を敷いても被害がないか確認してみましょう。どのようなデメリットが発生するか紹介します。

 

掃除が必要

防犯砂利は、ボツボツと穴があいています。そのため、土などの汚れがたまりやすいのです。定期的に水をまいて掃除するといいでしょう。

砂利の粉塵が舞う

石どうしが当たって削れるので、ガラスの粉塵が出てしまいます。洗濯物の近くに敷くと粉塵が舞って、洗濯物に付着してしまうかもしれません。

防草シートが必要

砂利を設置する前に、防草シートを敷くことが大切です。雑草の繁殖を防ぐためにとても大切な役割をしてくれます。

ケガをしてしまう可能性がある

上記でも紹介しましたが、防犯砂利はガラスを加工して作られています。そのため、赤ちゃんやペットがケガをしてしまう可能性もあるのです。できるだけ赤ちゃんやペットが通らない場所に敷きましょう。

自分で防犯砂利を敷く方法

必要なものを用意して手順に従って作業をすれば。簡単に防犯砂利を敷くことができます。自分で防犯砂利を敷くときの作業方法や、用意するものを紹介します。

【用意するもの】
  • ☑軍手
  • ☑防草シート
  • ☑防犯砂利
  •  

    抜きとる雑草の量が多い方は、雑草抜きの道具も用意しておくと安心です。上記のものはホームセンターで販売されているので、簡単に手に入れることができます。

  • 作業の手順
  • ① 雑草を抜く

    生えている雑草を抜きます。草を切るのではなく、根元から抜いておくといいでしょう。

    ② 転圧する

    完成したときにデコボコにならないように、地面を固めます。見栄えをよくするためには、転圧の作業がとても大切です。

    ③ 防草シートを敷く

    防草シートは、ホームセンターなどで販売されています。

    ④ 砂利を敷く

    4~5㎝ほどの深さで、購入した防犯砂利を敷きましょう。

    手順通りに作業すると、簡単に自分で防犯砂利を敷くことができるのです。しかし、防犯砂利を敷く前に知っておいた方がいいことや、注意するべきことがあります。情報を収集する前に作業しないようにしてください。防犯砂利をいい状態で敷くために大切なことを紹介していきます。

    防犯砂利を敷くときの注意点

    防犯砂利を敷くときの注意点

     

    防犯砂利を敷くときに注意するべきことがあります。下記のことに注意しなければ、のちに防犯砂利を敷いたことを後悔してしまうかもしれません。参考にして防犯砂利の効果を最大限にしましょう。

    あまり人が通らないところに敷く

    防犯砂利を踏むと大きな音がします。そのため、音が頻繁になる場所に敷いてしまうと、ご近所さんの迷惑になるかもしれません。また、不審者の侵入かの判断がしにくくなってしまいます。普段あまり人の通らない場所や、人目につきにくい場所に敷くと効果的です。

    防草シートを敷く

    防犯砂利を敷く前に、必ず防草シートを設置しましょう。防犯砂利は、ガラスで加工してつくっていることもあり、とても軽いです。そのため、雑草は防犯砂利をくぐり抜けて生えてきてしまうかもしれません。砂利を敷いている状態で雑草が生えてきてしまったら、雑草の処理が大変です。一度砂利を移動させなければ作業しにくいでしょう。のちに雑草の処理が大変になってしまうので、防草シートを敷くようにしてください。

    できるだけ深く敷く

    防犯砂利は、4~5㎝ほどの深さで敷くといいといわれています。防犯砂利の効果を生かすために、砂利を深く敷いて石と石を擦れあうようにするといいでしょう。ただ敷くだけでは、防犯砂利の効果を最大限にできません。

    業者の選び方

    自分でも防犯砂利を敷くことができますが、作業をするには体力が必要です。体にも負担がかかってしまうので、不安な方は業者に依頼するといいでしょう。砂利敷きを行っている業者は多く存在しているので、どの業者に依頼しようか迷ってしまいます。いい業者を選ぶためのポイントがあるので、参考にしてみてください。

    ☑ホームページや口コミを見る

    ホームページや口コミを見ることで、業者の雰囲気を知ることができるでしょう、口コミは、業者のメリットやデメリットを記入していることが多いです。実際に依頼した人の声を聴くことができるので、参考になるのではないでしょうか。

    ☑出張費の有無

    業者によって作業費とは別で、出張費などの料金が発生してしまいます。事前に確認しておくと、のちに金額が違うなどのトラブルを防ぐことができるかもしれません。

    ☑見積りをしてもらう

    防犯砂利を敷く範囲によって費用も変動します。料金を明確にしたい方は、業者に見積もりを依頼するといいでしょう。ホームページだけでは正確な費用はわかりません。また、無料で見積りを行っている業者もあります。無料でしたら、相談して損はないのではないでしょうか。

     

    まとめ

    防犯砂利は防犯対策だけでなく、お庭の模様替えをすることもできます。また、防草シートを設置してから防犯砂利を敷くと、雑草の繁殖を防止する効果もあります。防犯砂利を敷くことで、さまざまなメリットが得られるでしょう。しかし、デメリットも発生してしまいます。メリットとデメリットをふまえて、防犯砂利の利用を検討しましょう。

    防犯砂利は自分でも簡単に敷くことができます。しかし、作業する前に知っておいた方がいいことや、注意点があります。知識を得てから作業するようにしましょう。また、範囲によって防犯砂利を敷く作業で、体に負担がかかってしまうかもしれません。不安な方は業者に依頼すると安心です。業者は知識をもっているので、自分で作業するよりも見栄えもよくしてくれるでしょう。

    0800-805-7625

    通話料無料 携帯電話 PHSもOK

    0120-949-832

    24時間365日 日本全国受付対応中

    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    CM

    私たちが24時間365日サポートいたします

    0120-949-832

    24時間365日、日本全国受付対応中!
    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中
    • 無料相談はこちら

    選ばれる4つの理由

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

    防犯対策できていますか?近年様々な場面で防犯が意識されるようになってきました。ここでは家まわりでの防犯に注目したいと思います。大事な財産を守るためにも泥棒から家を守りたいですよね。年々、空き巣や泥棒の手口は巧妙になってきています。あまり防犯が意識されていない家は特に狙われやすくなりますので、なるべく早めに防犯対策をしておきましょう。防犯で重要になるものの一つが「音」です。泥棒の多くは窓ガラスを破って家に侵入しますが、その際高確率で庭を通ります。泥棒は音が鳴ることを嫌い、特に夜は音が響くので家の中にいても外の変化に気づきやすくなり、庭に砂利を敷いておくことで泥棒に狙われにくくすることができます。普通の砂利でも防犯になりますが、「防犯砂利」という種類が一番効果的です。防犯砂利は通常の砂利よりも一つ一つの粒が大きく、石と石がこすれ合う時に高周波の音を発します。泥棒が嫌う「音」が普通よりも大きく鳴るように作られているのです。非常に軽くて扱いやすく、最近ではホームセンターなどでも防犯砂利が入手できるようになりました。防犯対策に加えて庭を美しくするという意味でも、防犯砂利を敷くことをご検討されてみてはいかがでしょうか?防犯砂利とはいっても、敷き方がよくないとその防犯効果を十分に発揮することができません。コラムに、防犯砂利の効果的な敷き方をご紹介しておりますので、そちらを参考にしてみてください。もちろん、ご自身で砂利を敷くことが難しい場合は当社が対応させていただきます。その他にも砂利での防犯対策に関して分からないこと・困っていること等あればお気軽にご相談くださいませ。防犯砂利のことなら砂利110番におまかせください。

    玉砂利で庭を美しく!玉砂利の魅力  玉砂利をご存知ですか?玉砂利は神社の参道でよく使われている砂利です。玉砂利の玉とは「たましい」「みたま」の「タマ(霊)」という意味と、「美しい」「大切なもの」という意味があるといわれています。ですから、玉砂利はタマシイの籠った美しい石ということになります。神社などの神聖な場所をお祓いしさらに清浄するために敷かれていると考えられています。このように神聖な場所に用いられる玉砂利は、ご家庭の庭も美しくすることができる優れた一面も持っています。最近ではホームセンターや通販などでも購入できるようになり、玉砂利もご家庭に身近なものになってきております。玉砂利は色やサイズ、形が様々で種類が豊富であり、日本風、洋風、モダン、どんな庭でもそれぞれに合う玉砂利を敷くことで庭をより華やかにします。たとえば、洋風の庭にしたいときは暖色系の色味のものを、落ち着いた雰囲気の庭にしたいときは青みがかったものを敷くといったかんじで、敷く玉砂利によって庭の雰囲気ががらりと変わります。
    玉砂利の色味はピンクや茶色、青みがかったグレー、黒、白、と種類によって色味が異なりますので、選ぶのも楽しくなるのが玉砂利の魅力です。また、形に注目すると、大きくてゴツゴツした石や、ぬかるみ対策に使われる石、景観を華やかにする石、など砂利の種類によってその効果を発揮できるシーンが変わってきますので、どんな庭にしたいかイメージしていただきながら選ぶとよいかと思います。どうしても迷って決められない、庭に合う玉砂利が分からないという場合は、お気軽に当社までご相談ください。経験豊富なスタッフがお客様の庭にぴったりの玉砂利をご提案いたします。また、玉砂利を敷きたいけど自分でやるのは難しいという方もいらっしゃるかと思います。そのような場合はぜひ当社までご連絡くださいませ。玉砂利の経験豊富なスタッフが対応いたします。