コラム

【決定版】防犯砂利の敷き方マニュアル!コツも紹介!

【決定版】防犯砂利の敷き方マニュアル!コツも紹介!

 

近年、ご自宅の防犯対策として注目を集めている「防犯砂利」。住宅内の侵入者にいち早く気づけるということで、多くのご家庭で防犯砂利を敷くことを検討されているのではないでしょうか?

 

今回は、「防犯砂利と通常の砂利とはどう違うのか」について、砂利の性質やメリット・デメリットを挙げながらお伝えします。効果的に防犯砂利を敷く方法もご紹介します。

 

 

防犯砂利って?

防犯砂利とはどんな砂利なのかをしっかり理解してから防犯砂利の敷き方をマスターしましょう。

 

防犯砂利とは、踏んだときの音が大きい砂利を差します。その音は76.5dbもあり、掃除機や電話の音などと同じ大きさです。木造住宅なら室内でもその音に気づくでしょう。住宅の周辺に敷いておくことで、足音で侵入者にすぐ気づくことができます。そして、泥棒自身も防犯砂利の上を歩くことを嫌がる傾向にあるため、泥棒が近づかないための防犯対策にも最適とされているのです。

 

また、防犯砂利は厚く敷くことで雑草が生えるのも防ぐ効果があり、保温効果があるので冷害防止や打ち水をすることでの夏場の温度上昇を抑えるといったうれしい効果も期待できます。

 

防犯砂利にはさまざまな種類があります。一般的にホームセンターなどで販売されている防犯砂利は、ガラスを高温で溶かして発砲させたものです。そのため、石よりも軽くて女性でも敷きやすいのが特徴です。石同士がこすれあうことで大きな音が発生し、耳が痛くなるほどの高周波を出すものが防犯専用の砂利です。

 

そのほかにも、形や粒の大きさ、色などを見てもさまざまな防犯砂利があり、レンガを砕いたものや石でできたものもあります。うまく種類を選ぶことで、防犯しながらも外観をキレイに見せてくれるでしょう。

 

防犯砂利のメリットとデメリット

防犯砂利のメリットとデメリット

 

防犯砂利の敷き方をマスターする前に、防犯砂利のメリットとデメリットを理解しましょう。

 

メリット

・防犯対策になる

防犯砂利の上を歩くことで、通常の砂利よりも大きな音がするので、侵入者にいち早く気づくことができるでしょう。家の周囲に敷いておくことで、泥棒が侵入を嫌がるので、防犯効果も得られます。

 

・庭や住宅の外観を模様替えできる

庭や住宅の外観を模様替えしようと思っても、庭を大きくリフォームするとなると多大なコストが必要になります。木や花などを植えても、育て方が分からないとすぐに枯らしてしまうでしょうし、植物の管理ができないので植物は飢えたくないという方もいるかもしれません。

 

費用を抑えつつ、植物の栽培や管理を得意としない方でも簡単にお庭を模様替えできるのが防犯砂利です。敷くだけでおしゃれな庭に大変身させることができる手軽さがうれしいポイント。軽いので、女性でも簡単に敷くことができます。

 

・雑草予防に効果的

暑く防犯砂利を敷くことで、砂利で土に太陽の光が当たるのを防ぎ、雑草の繁殖を抑える効果があります。草取りは面倒な作業です。防犯砂利を敷くことで、その面倒な作業もなくなるでしょう。雑草予防に効果的に砂利を敷く場合、厚さは5~10センチほど必要になります。

 

・雨の日の泥ハネ防止効果

雨の日に、土の上を靴で歩くと泥ハネする可能性があります。泥があってはきれいな靴もドロドロに汚れてしまうでしょう。しかし、砂利を敷くことで泥はねを防ぎ、水はけもよくすることができます。

 

デメリット

・石がこすれて粉が舞うことがある

防犯砂利は、石同士がこすれあうことで大きな音を出します。そして、こすれあうときに石のこすれた部分は粉状になります。そのため、その粉が風で舞ったり、靴の裏についたりすることがあります。お庭で衣類を干すときは、洗濯物などに付着する可能性もあるので注意する必要があります。

 

・普通の砂利よりも防草効果が低い

雑草予防も兼ねて防犯砂利を敷く場合、さらに効果を上げるために防草シートを使用することをおすすめします。防犯砂利は、通常の砂利よりも軽いので雑草を抑える力が弱いです。また、砂利が粉状になれば土に太陽の光が当たってしまうので効果が薄れてしまうのです。

 

・ペットや子供の怪我の原因になることも

防犯砂利の多くは、ガラスからできています。そのため、通常の砂利よりも刺激が強いです。裸足のペットがその上を歩くと不快に感じるかもしれません。子供が砂利の上で遊ぶ場合は怪我に注意が必要です。

 

防犯砂利を敷く場所には向き不向きがある

防犯砂利を敷くにあたって、適した場所と適していない場所があります。防犯砂利の敷き方をマスターする前に、どこに敷くべきなのか理解しましょう。防犯砂利を敷くと効果的なのは、

 

①玄関周辺
②リビングの掃出し窓周辺・窓から見えにくい場所
③勝手口へ繋がる通路
④隣家との境界線

 

など、あまり人が通らない場所です。人通りが多い場所は、ご家族が通るときに音が煩わしく感じることがあるかもしれません。そもそも人通りが多い場所からは泥棒は侵入する可能性が低いということもあります。あまり人が歩かず、ご自宅へ侵入される恐れがある場所に敷くようにしましょう。

 

失敗しない防犯砂利の敷き方と注意点

失敗しない防犯砂利の敷き方と注意点

 

防犯砂利の効果的な防犯砂利の敷き方と注意点をご紹介します。

 

効果的な敷き方

①雑草を抜く

まずは、砂利を敷く場所に雑草が生えていたら抜きましょう。せっかく防犯砂利を敷くのに、すでに雑草が生えていれば意味がありません。しっかりと抜きましょう。そして、掘り起こした場合には、地面を平らな状態にします。

 

②防草シートを敷く

新たに雑草が生えるのを防ぐため、防草シートを敷きます。防草シートは、ホームセンターやネットでも購入でき、シートの目に雑草の根が引っかかることで成長を抑制させる効果があります。敷きたい場所に合わせてカットし、すき間のないように敷きましょう。そして、シートが動かないように固定します。

 

③防犯砂利を敷く

防草シートの上から防犯砂利を敷いていきます。基本的には、3~5センチメートルの高さまで厚く敷きましょう。しかし、人の出入りが多い場合はすぐに砂利が薄くなってしまうので、厚めに敷くと効果的です。

 

防犯砂利を敷くにあたっての注意点

一般的な砂利よりも大きな音を出す防犯砂利。しかし、鉄骨住宅や気密性の高い住宅にお住まいに敷く場合はその音に気づくことができない場合もあります。

 

また、防犯砂利があるからといって、泥棒がまったく侵入しないとは言い切れません。防犯砂利の音に反応しないということで不在を認識される可能性もあります。 そのため、防犯対策として防犯砂利だけを取り入れるよりは、ほかの防犯グッズも併用して使用されることをおすすめします。

 

まとめ

通常の砂利よりも踏んだときの音が大きい防犯砂利は、見た目もキレイなので、家の周囲に敷かれているご家庭も増えています。しかし、敷き方をしっかりマスターしていないとその効果が得られないこともあります。どんな場所にどのように敷くと効果的なのかを理解することが重要です。効果的な敷き方や敷く場所がわからないときは、業者に相談してみるとよいでしょう。

 

0800-805-7625

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-832

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-832

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

防犯対策できていますか?近年様々な場面で防犯が意識されるようになってきました。ここでは家まわりでの防犯に注目したいと思います。大事な財産を守るためにも泥棒から家を守りたいですよね。年々、空き巣や泥棒の手口は巧妙になってきています。あまり防犯が意識されていない家は特に狙われやすくなりますので、なるべく早めに防犯対策をしておきましょう。防犯で重要になるものの一つが「音」です。泥棒の多くは窓ガラスを破って家に侵入しますが、その際高確率で庭を通ります。泥棒は音が鳴ることを嫌い、特に夜は音が響くので家の中にいても外の変化に気づきやすくなり、庭に砂利を敷いておくことで泥棒に狙われにくくすることができます。普通の砂利でも防犯になりますが、「防犯砂利」という種類が一番効果的です。防犯砂利は通常の砂利よりも一つ一つの粒が大きく、石と石がこすれ合う時に高周波の音を発します。泥棒が嫌う「音」が普通よりも大きく鳴るように作られているのです。非常に軽くて扱いやすく、最近ではホームセンターなどでも防犯砂利が入手できるようになりました。防犯対策に加えて庭を美しくするという意味でも、防犯砂利を敷くことをご検討されてみてはいかがでしょうか?防犯砂利とはいっても、敷き方がよくないとその防犯効果を十分に発揮することができません。コラムに、防犯砂利の効果的な敷き方をご紹介しておりますので、そちらを参考にしてみてください。もちろん、ご自身で砂利を敷くことが難しい場合は当社が対応させていただきます。その他にも砂利での防犯対策に関して分からないこと・困っていること等あればお気軽にご相談くださいませ。防犯砂利のことなら砂利110番におまかせください。

玉砂利で庭を美しく!玉砂利の魅力  玉砂利をご存知ですか?玉砂利は神社の参道でよく使われている砂利です。玉砂利の玉とは「たましい」「みたま」の「タマ(霊)」という意味と、「美しい」「大切なもの」という意味があるといわれています。ですから、玉砂利はタマシイの籠った美しい石ということになります。神社などの神聖な場所をお祓いしさらに清浄するために敷かれていると考えられています。このように神聖な場所に用いられる玉砂利は、ご家庭の庭も美しくすることができる優れた一面も持っています。最近ではホームセンターや通販などでも購入できるようになり、玉砂利もご家庭に身近なものになってきております。玉砂利は色やサイズ、形が様々で種類が豊富であり、日本風、洋風、モダン、どんな庭でもそれぞれに合う玉砂利を敷くことで庭をより華やかにします。たとえば、洋風の庭にしたいときは暖色系の色味のものを、落ち着いた雰囲気の庭にしたいときは青みがかったものを敷くといったかんじで、敷く玉砂利によって庭の雰囲気ががらりと変わります。
玉砂利の色味はピンクや茶色、青みがかったグレー、黒、白、と種類によって色味が異なりますので、選ぶのも楽しくなるのが玉砂利の魅力です。また、形に注目すると、大きくてゴツゴツした石や、ぬかるみ対策に使われる石、景観を華やかにする石、など砂利の種類によってその効果を発揮できるシーンが変わってきますので、どんな庭にしたいかイメージしていただきながら選ぶとよいかと思います。どうしても迷って決められない、庭に合う玉砂利が分からないという場合は、お気軽に当社までご相談ください。経験豊富なスタッフがお客様の庭にぴったりの玉砂利をご提案いたします。また、玉砂利を敷きたいけど自分でやるのは難しいという方もいらっしゃるかと思います。そのような場合はぜひ当社までご連絡くださいませ。玉砂利の経験豊富なスタッフが対応いたします。