コラム

砂利を固める?おしゃれに変身、エクステリア。方法と注意点をご紹介

砂利を固める?おしゃれに変身、エクステリア。方法と注意点をご紹介

ご近所さんのお庭を見て「おしゃれだなぁ」「うらやましいなぁ」と思ったことはありませんか?とくに玄関先というのは、その家の顔ともいわれているため、ちょっと気にかけたい場所です。

砂利を敷いている方も多いですが、ただ敷いていればよいわけではありません。たかが砂利といっても、種類や使い方しだいで人それぞれの個性がでて、オリジナルな玄関や駐車場作りができます。

 

よく砂利加工で多いのが固めてしまうことです。砂利はバラバラしているため、玄関の外に砂利が飛び出してしまったり、うっかり靴の中に入ってきたり、ときとして扱いにくいこともあります。そこで固めてしまうことでバラバラした状態がなくなり、砂利と砂利下の地面がまだらに見える筋道もなくスッキリした統一感もうまれます。

今回砂利を固めてみたい、と考えている方に向けて、初心者でも簡単にできる固める方法や、おしゃれな砂利の紹介などをしていくので興味がある方はぜひ試してみてください。

 

 

砂利を固める方法とは?初心者でもできるDIY

神社など行くと砂利が敷かれていますが、歩くたびに「ジャリッジャリッ」と音がしてあの音が耳に心地よく思う方もいるようです。また音が鳴るので防犯という目的もあり、個人宅でも庭や駐車場に砂利を敷く方も多いです。

しかし砂利はどうしてもバラバラするので、不便なこともあります。足で蹴ってしまい敷地外へ飛び出してしまう、雨の日は砂利と砂が混ざりドロドロする、隙間から雑草が生える、ということも。

そこで砂利を固めてしまえばこのような不便さから解放されるのではないか?ということで砂利を固めるとメリットがあるのか、また固める場所や方法について説明します。

 

砂利を固めるメリットとは?

・歩きやすい

バラバラした砂利より、しっかり平らに固まっているとつまずきにくく歩きやすいです。とくに小さなお子さまや足の悪い方には、不安定な砂利より固まっている方がよいでしょう。

 

・散乱しない

砂利は小石がたくさん集合しています。そのためちょっと足で蹴ってしまうとすぐにコロコロ転がり、敷地外で出たりして自分の敷地と道路の境目がハッキリしなくなります。

 

・雑草対策

砂利と砂利の間から雑草が生えて、除草をする必要がありますが、隙間なくしっかりとした施工で固めると雑草が生えにくくなります。

 

・砂ボコリ防止

砂利道を歩くと、下の砂や土が舞ってしまいます。しかし固めてしまえばそのような砂ボコリは発生しません。

 

・掃除がらく

砂利道の掃除は、ホウキで掃くのが主流ですが落ち葉やゴミを掃きたくても一緒に砂利まで、ちりとりの中に入ってきます。でも固めてしまえば取り除きたかったゴミのみ掃除ができます。

 

・光沢がでてきれい

砂利を固めるときに使用する材料によって、コーティングされるためきれいに見えます。使う材料にこだわれば、鮮やかな色がくっきり浮かび、明るい印象になります。

 

こんな場所で固めてみよう

砂利を固める場所は、人によってさまざまです。外と玄関を結ぶ通路や、ガレージ、墓地に使うと砂利の散らばりがなくなり、片付ける手間がかかりません。

また猫の糞尿対策にもなります。猫は土に穴を掘って、トイレをする習性がありますが、固まっていれば穴が掘れず野良猫のトイレ場にはなりません。それでも、もし糞をされても穴に埋もれないので片付けが楽にできます。

 

その他、鉢植えの表面に固めた砂利を使用すると、もし鉢植えが倒れても散らばりません。また固める素材により植物に影響がない種類もあるので、植物の成長に心配もないので安心です。

ドロドロになると歩きにくい通路であれば、固めることで歩きやすくなります。また水はけがよい素材であれば表面に水が溜まらなくなります。このようにアイデアしだいで、自由にどこにでも使うことができるのでおすすめです。

 

使用方法をご紹介

まず砂利を固める商品には、スプレータイプと練り混ぜるタイプの2つが主に販売されています。

練り混ぜるタイプは、砂利じたいにセメントが混ざっていて、水と合わせると溶けだし、砂利とコンクリートの中間のような資材になります。それを庭など使用したい場所へ施工するのですが、これは慣れていないと難しい作業です。

 

そもそも練り混ぜるのが重労働で、プロは専用の機械を使っています。このことから、ここでは初心者でも使えるスプレータイプで説明していきます。

スプレータイプの中身は樹脂製の接着剤です。そのため汚れないように手袋を着用しましょう。またじょうろやスプレー容器も用意します。接着剤のため再利用はできないので、使い捨てできるものを用意してください。

液剤は薄めずそのままスプレー容器にいれ、乾いた砂利へ噴射するだけです。乾くのに、24時間ほどかかるので、天気がよい日におこないましょう。

 

砂利と砂利を接着するため、砂利の大きさで強度に影響がでます。粒が5㎝以上だと、接着面が少ないため強度が保てません。よく歩くような場所ではしっかりと固まらない可能性があります。

そのため、強度がある粒が1~2㎝がいちばん液の浸透がよく固まりやすいので、場所によって粒の大きさを変えるとよいです。

 

粒が2㎜以下は、砂利同士の密着面積が多いので適度な隙間がなく、液が浸透しにくくなります。多めに液を吹きかけるようにしましょう。

 

粒ではなく、土や砂を使用するとなると、液の浸透率が悪く、接着が表面にしか効果を発揮しません。強度が低く、人が歩くだけでも剥がれる可能性があるので、あまり人の歩かない場所に使用することをおすすめします。

 

駐車場の砂利を固めるのはやめたほうがよい?理由とおすすめグッズの紹介

駐車場の砂利を固めるのはやめたほうがよい?理由とおすすめグッズの紹介

 

砂利を駐車場に使っている方も多いですが、車の発車とともに砂利の散乱が気になって固めてしまおうと考えている方もいるでしょう。しかしちょっと待ってください。駐車場に固めた砂利はおすすめしません。その理由を説明します。

 

まず駐車場に使われるのはコンクリートが多いです。それはコンクリートに強度があるからです。コンクリートを施工するには、土台に鉄筋を張り、そこへコンクリートを流します。鉄筋とコンクリートでしっかりと強度をだし、駐車場の表面をツルツルに仕上げます。(わざと模様をつけることがありますが、あれは滑り止めです。)ツルツルにすることでタイヤの摩擦を減らしているのです。

 

では砂利ではどうでしょうか?砂利を固めるだけでは、中に鉄筋もないので強度としては、車のような重い重量に耐えられるか不安です。そして砂利を固めても表面がツルツルするわけではないので、摩擦抵抗が起こり、どんどん砂利がすり減っていきます。すり減ると、部分ごとに凹みがでて結果として、見栄えが悪い駐車場になります。

 

以上のことから駐車場には固めた砂利はやめたほうがいよいでしょう。

 

ではバラバラの砂利はそのままにするしかないのか、となりますがバラバラをふせぐ他の方法で砂利を安定させるマットがあります。樹脂製のマットにハチの巣のような六角形の穴があいているので、砂利を流し込みます。砂利だけならバラバラするところが、たくさんの穴が砂利を安定させるため、歩いても散らばることがありません。

 

また、砂利に見せるシートもあります。もともとくっついた砂利の模様がついているため一見すると砂利を固定させているかのようです。コンクリート施工では高額な料金になりがちですが、砂利だと比較的安価なため、駐車場の砂利施工は人気です。散乱を防ぎたいときはマットやシートを利用してみるとよいでしょう。

 

おしゃれな庭作り。砂利でイメージチェンジをしよう

おしゃれな庭作り。砂利でイメージチェンジをしよう

 

おしゃれな庭を作りたいなら砂利にもこだわってみましょう。砂利はカラー豊富で、種類によってイメージが変わります。ここではいくつかおすすめの砂利をご紹介します。

 

・白玉砂利

白くまるっこい形の砂利です。お値段が安価でいちばん人気です。大理石が混じった種類になるとキラキラ光が反射し、高級感が出ます。キラキラが美しいので水槽に入れる方もいるようです。

 

・赤玉砂利

水に濡れると色が変化します。ピンク系からあずき色になり、レンガやウッド調な家に相性がよいです。ナチュラルテイストな雰囲気にしたい方はこちらを選ぶとよいでしょう。

 

・青玉砂利

こちらも雨で色合いが変化します。青緑系から濃い青へと変化します。ブルー系なので、クールで涼しげな印象があります。洋風なカガーデンにはぴったりです。

 

・五色砂利

名前のとおり、五色のカラーが使われています。雨に濡れると色の違いがハッキリし、和風な庭に施工すると上品な印象になります。墓石のまわりでもよく使われています。

 

・金華砂利

グレー系の砂利の中に黄色の砂利が混じり、遠くから見ると金色に見えます。温かみを感じるので、アジアンな庭作りをするには最適です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?砂利を固めるなら、簡単DIYができるスプレータイプがおすすめです。しかし駐車場におこなうには車に耐えられるほどの強度がないため、不具合が起こりやすくなります。

砂利の種類もいろいろあり、好きな砂利を選ぶ楽しさもでてきます。どんな庭にしたいのかイメージを膨らませて、選んでください。

ここではDIYでおこなう「固める砂利」の方法をご紹介しましたが、もちろん砂利施工の専門家もいます。砂利施工に詳しく、きれいな施工を望むならプロの力を借りることも素敵な庭作りをするひとつの方法です。まわりと差がつくお庭作りをぜひやってみてください。

0800-805-7625

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-832

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-832

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。