コラム

砂利の下には除草シートを敷いて除草効果をアップ!

砂利の下には除草シートを敷いて除草効果をアップ!

 

雑草対策として砂利が効果的なのはご存じですか?砂利を敷くと地面に太陽光が当たりにくくなり、植物の成長を抑制させるほか、生えてくるのを防ぐ効果が期待できます。しかし、砂利敷き後に飛来した種子には効果が薄く、早めに取り除かないと、土以上に処理が大変になってしまうのです。


実は砂利を敷く前に「防草シート」を敷くとこの問題が解決します。雑草対策だけでなく砂利に汚れが付着しにくくなったり、沈み込みも防止できるので、お手入れの手間や費用を抑えることに繋がります。砂利敷きをお考えの方がいましたら、ぜひご一読ください。




砂利での除草効果を上げるには?

土のままよりも砂利を敷くと、草を生えにくくする効果が期待できます。しかし、砂利を敷いただけの場合、完全に雑草を防除できるわけではないのです。雑草は地面から生えてくる前、種が別の場所から飛来してきます。砂利を敷いた場合、地面に直接日光が当たらず、既に生えていた雑草や種は日光を受けることができなくなります。植物の成長に欠かせない日光に当たりにくくなるので、結果的に雑草の抑制効果が得られるのです。


しかし、砂利敷きを行った後に飛来した種子には日光が当たるので発芽してしまいます。まだ芽が出てすぐであれば、砂利の隙間に生えているだけなので簡単に抜くことができますが、成長して地面にまで根が到達してしまうと、土のみであったとき以上に抜くことが難しくなってしまいます。せっかく雑草対策として砂利を敷いても、返って雑草処理が大変になってしまうのです。


砂利は雨風や上から負荷がかかると土に埋もれていってしまいます。そのため砂利を追加しなければならなくなります。また、景観も兼ねて砂利を敷いても雨風による土ホコリや泥水によって汚れて、せっかくの美観を損ねる音に繋がります。実はこのような問題は、防草シートを正しく使用すると解決することをご存じでしょうか?


除草シートの選び方

除草シートの選び方

 

防草シートとは名前の通り、草を生やさない目的で作られたシートです。不織布でできており、日光をシャットアウトします。その一方で水は通過させるため水はけがよく、水たまりが発生してしまう心配もありません。防草シートは様々なタイプのものが販売されています。用途に合わせた正しい選び方が必要です。防草シートの違いは主に厚みですが、この違いによって用途や効果が大きく変わります。


●薄手の防草シートの特徴

・価格が安い
・スギナなどの強力な雑草の場合破る可能性がある
・上から負荷がかかると破れやすいので、人や車が通らない場所に最適

●厚手の防草シート

・価格が薄いものと比べて高価
・雑草対策に高い効果が見込める
・上からの負荷に強く、駐車場に使用しても高い耐久力が期待できる

薄い防草シートの場合、価格が安価なので手軽に導入しやすいです。一方で防草効果はやや低く、本格的な雑草対策には不向きです。上からの負荷にも弱いので、何度もかけてしまうと破れてしまい、隙間から雑草が生えてくることもあります。


一方で厚手タイプの場合、駐車場などの砕石の下に敷いても問題なく使用できます。また、高い耐久力があるので、負荷をかけずに使用すれば10年ほど使用し続けることができるのも魅力です。お庭に使用する場合、駐車場や道には厚手のものを、人があまり通らない場所には薄手のものを敷いたりすると、費用も抑えられます。用途に合わせて使い分けると良いでしょう。


除草シートの敷き方

除草シートを敷く時にいちばん大切なことは「しっかり整地を行うこと」です。防草シートは日光の光を遮断しますが、地面がデコボコでシートが歪んでしまうと、開いた隙間から日光が地面に当たってしまいます。そうなってしまっては効果を期待できませんので整地はしっかり行う必要があるのです。


整地の手順としては、まず、土地を平らにならします。山になっている場所から土を運び込み、足りない場合は購入するなどした土を追加しましょう。その後、しっかりと上から負荷をかけて土を固めます。この時しっかり固めないと、雨風によって土が流出してしまうほか、地表の凹凸の原因にもなってしまうため、注意が必要です。


転圧する際は、「プレート」と呼ばれる機材を使用すると簡単に固めることができます。機材自体は高額ですが、ホームセンターなどでレンタル可能なので、長期間使用する必要がなければ利用しましょう。しっかり固めたら、次は防草シートを敷きます。日光が入らないように浮きや皺なく敷きます。シートが重なる部分は防水テープで張り合わせるか、10センチ以上重ねるように敷きましょう。


また、砂利を上に敷く場合は、壁際のシートに10センチ程度余裕を残しておくと良いです。敷き終わったら、専用の固定ピン・杭・釘などで防草シートを固定し、砂利を防草シートが見えなくなる程度、できれば5センチ以上敷きつめれば施工完了です。


砂利を敷くメリット

砂利を敷くメリット

 

砂利を正しく敷いた場合、以下の5つのメリットがあります。


・雑草対策に効果がある

・外構の施工の中で一番安価

・景観を簡単に変更でき、修正も可能

・雨風による泥の跳ね返りによって建物が汚れるのを防止する

・空き巣防止になる


砂利を敷いた場合、防草シートと合わせると高い防草効果が期待できます。外構にはコンクリートや土など様々な方法がありますが、砂利は最も手軽かつお手入れの手間が少ないです。砂利の種類は多岐にわたっていますので、洋風・和風問わずに合わせられるのも魅力的です。


また、砂利は建物の周囲に敷くと、外壁の汚れを防止できます。その上、空き巣などの不審者が建物に近づいた場合、踏みしめた砂利同士が擦れての音が鳴るので、建物内にいる人が気づきやすくなります。防犯カメラなどの機械と違い、ランニングコストがないため、経済的にもやさしい防犯対策といえます。


まとめ

砂利を敷くだけでは防草効果は薄いうえ、お手入れの手間が発生してしまいます。土地の用途に合わせた防草シートを使用すると、高い除草効果が得られるだけではなく、敷いた砂利が地面に沈み込んだり、土によって汚れることを防止できます。防草シートを敷く際は整地をしっかり行い、正しい敷き方を行うようにしましょう。砂利を敷くと雑草対策だけでなく、気軽にお庭の雰囲気を変えることができます。自力で挑戦してみても良いですし、作業に自信のない方は業者の手を借りましょう。


0800-805-7625

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-832

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-832

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。