コラム

自分で砂利を敷くのは大変です

庭の雑草対策、防犯対策などで使用される砂利はホームセンターなどで簡単に購入できます。販売されてい砂利の種類も多種多様です。和モダンの庭を造りたい、など手のかかる砂利敷きは自分の手には負えないが、単純に雑草対策くらいなら自分で敷けるのではないか?とお考えの方も多いようです。確かにインターネットで検索すれば、砂利敷きの方法はたくさんヒットします。しかし、自分で砂利を敷くのはなかなか大変なのです。 例えば雑草対策として考えた場合、土の上に砂利を敷くだけではいけません。地面に直に砂利を敷くと、徐々に砂利は地面に沈み、砂利の間から雑草が生えてきてしまいます。一手間かけて、砂利の下に防草シートを敷くという方法があります。市販の防草シートの中には安価で薄いタイプのもの出回っており、せっかく敷いても数年でボロボロになってしまうというケースもあります。また防草シートの種類によっては環境に有害な成分を含むものもあり、処分の際に産業廃棄物になるものもあるため、各自治体への確認が必要となることもあります。 さて、肝心の砂利を敷く作業ですが、一番困難な点は砂利の重さです。砂利の種類にもよりますが、雑草防止のためには砂利の厚みが5~8cmほど必要です。1㎡敷き詰めるのにおおよそで60~80キロほどの砂利が必要になってきます。庭の広さによっては1トン以上の重さの砂利を用意しなければなりません。特に女性など力のない方にとっては、厚みを保った状態で庭に砂利を敷き詰めるのは大変な作業です。砂利はただ敷けばよいというものではありません。目的にあった砂利を敷くためには、砂利の種類の選定、適切な敷き方など知識と技術が必要なのです。

0800-805-7625

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-832

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-832

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。